交通事故の過失割合

交通事故の過失割合というのは事故を受けた側・起こした側とそれぞれの運転状況によって異なります。
それぞれどういった状態で事故を起こしたのかを明確にする事により、過失割合もトラブルなく解決すると言えるでしょう。
今回は自動車同士で引き起こした交通事故の過失割合についてご紹介いたします。
まず信号のある交差点で事故が起きた場合です。


片方が青・片方が赤の状態で事故を起こした場合、赤の状態から突っ込んできた車が過失の対象となり、割合も100%となります。
この中で青の状態から突っ込んだ車に何らかの過失があった場合には、過失割合が10~20%ほど変動します。
この場合の「何らかの過失」というのはわき見運転であったり携帯電話の使用などが当てはまる場合が多いとされています。


同じく信号がある交差点で事故が起きた場合のケースとして、片方が赤・片方が黄という状態で事故を起こした場合には、双方が過失の対象となります。
過失割合も赤の状態で突っ込んだ車が80%、黄の状態で突っ込んだ車が20%となります。
信号がない交差点での事故の場合には、双方の走行方向や速度によって過失割合が異なります。
特に減速が行われたか否かによっては、過失となる対象者が逆転してしまう事もありうるため、スピードの出し過ぎには日頃から注意するようにしましょう。
このほかにも細かな形で割合が決まっているため、事故を引き起こした際にはよく調べておく必要があると言えるでしょう。


■管理人特選サイト
交通事故を起こして慰謝料を請求された場合に減額交渉を行ってくれる専門の弁護士サイトです → 交通事故 慰謝料

Copyright © 2014 交通事故の過失割合って? All Rights Reserved.